コンプレックスをなくす服

このコラムをシェアする

身体のメリハリを見せる

ウエストが引き締まっている服を着用すると、太っている人でもスタイルが良く見えます。
細く見えることも多いので、コンプレックスを解消できるでしょう。
これまで体型を隠すために、大きめの服ばかり着ていた人が見られます。
しかし大きい服を着ていると、余計太って見えるので避けてください。

ハイウエストスカートは、引き締まって見えるのでおすすめです。
足が長く見える効果も生まれます。
そのような服を持っていなくても、ベルトを巻くだけで印象が変わります。
様々な色のベルトを持っていれば、その時のコーディネートに合わせてベルトを変えられます。
黒い服を着ている時は差し色として、白いベルトを使用しても良いですね。
色の組み合わせも考えてください。

ボーダー柄は避けよう

体型を気にしている人は、避けた方が良い柄があるので知ってください。
それはボーダー柄になります。
横に広がっている柄は、太って見えるので周囲に良い印象を与えないでしょう。
縦に柄が広がっているストライプ柄だったら、細く見えるのでコンプレックスを解消することに繋がります。

コンプレックスを持っている人は、オシャレなんて楽しめないと思っている傾向が見られます。
しかし服の特徴を理解していれば、解消してもっと毎日が楽しくなります。
オシャレをすることで、自分に自信が持てるでしょう。
外出することが楽しくなるので、メリットがたくさんあります。
正しい系統を見極めるためには、自分の体型を理解することが大事です。
自分をよく見つめましょう。